ぐっも。

ここ最近、ミスを連発している三平なのであります。
三平、考えたのであります。
自分のミスで何が生まれるのか。
店長の怒り。激詰めタイムという無駄な時間。
他スタッフ、お客様、そして何よりばばぁへの迷惑。
他に…他には…。
何の需要もない三平のミス。
これは、皆様の笑顔に変えるしか無い。
そう思ったのであります。
満身創痍。
温故知新。

ちな、ミスをしないようにすればいいというツッコミは、
三平のスペック的に受け付けられないのであります。
南無。

と、言うわけで。
ココ最近の三平ミス集。

三平@激詰め案件ファイル①
プリンターのインク切れ案件にて、店長にインクの取替を頼まれた三平。
取り替えようとして、思ったのであります。
事務所ではあまりカラーで印刷する機会がないのであります。
白黒印刷ばかり。
つまり、カラーインクは使用されない。
と、いうことは…。
三平、徐にカラーインクを入れる場所に黒のインクを挿入。
プリンター、破損。
店長、激おこ。
スタッフ、呆れ顔。
ばばぁ達、お仕事中。
皆が使用していたプリンター、約15000円成。
三平、渾身の弁償なのであります。
南無。

三平@激詰め案件ファイル②
先輩スタッフと二人。
電話が数回線重なった時のお話なのであります。
普段、三平は電話に出させて貰えないのでありますが、
この状況、三平お電話に出るしか無い…。
満を持してお電話に応答した三平。
お客様からご予約を頂いた三平でありますが、
テンパってまさかのブッキング予約。
先輩、激おこ。からの激詰め。
冷たい声で『三平さん、何がしたいの?』と言われたのであります。
その後、『頭冷やしてきて下さい』とドライバー業務。
冷酷無比。
意気消沈。
反省。
南無。

三平@激詰め案件ファイル③
とある日、寮に泊まっていたばばぁ。
朝、体調が悪くなってしまったとの連絡を受け、
心配だったので三平が様子を見に出動したのであります。
前日、店長から【ばばぁの前では元気よく】と言われていた三平。
その言葉を胸に、扉を開けたのであります。オープンザドア。
『◎◎さああああああん!!』
体調不良でダウン中のばばぁの頭に響かせてしまったのであります。
店長に、元気の良さは時と場合によると怒られたのであります。
TPO。
だいじ。
空気読み。
南無。


毎日、店長に怒られながら、生きるのであります。
三平の暴走を、店長は【KMS】と呼ぶのであります。
カオスモード三平。
南無。

毎日がスペシャル。
ミスの内容もスペシャル。
今日も生きるッ…。のであります。



風俗行くなら『最終章』
ばばればだいじ。
これが僕の生きる道。

ぐっも。
昼間は暖かくなってきたのでありますね。
桜も咲き始めているのであります。
春の訪れ。
旅は道連れ。
世は情け。
南無。


三平、先日佐◎急便から荷物が届く予定だったのであります。
ですが、お届け予定時刻がすやすやタイムだったので、
佐◎男児のお兄さんに書き置きを残して玄関先に貼っておいたのであります。

『佐◎さんへ

三平、お届け時刻に寝ている可能性が高いのであります。
チャイムを鳴らすのであります。
連打するのであります。
高◎名人の如く連打するのであります。
本日に関しては優しさは要らないのであります。
どうしても受け取りたいので、何卒お願いするのであります。

三平』

翌日、佐◎男児のお兄さんが魂の16連射。精。
起こしてくれたのであります。連打。合掌。
優しいお兄さんだったのであります。優男。

毎度のロングロング前置きなのであります。
すまぬでござる。

さて本題。

先日、送迎中の面白ばばぁ話を語るのであります。
最終章の某突撃型ばばぁ。通称M。
彼女がこんな事を申していたのであります。

M「私さぁ、昔はお酒好きだったの」

三『何が好きだったのでありますか?』

M「1番はシャンパンが好きだったの。でもね…」

三『…?』

M「シャンパン飲むと吐いちゃうの。もう噴水よ、噴水」

三『噴水でありますか…』

M「そう、噴水。仰向けで。キラキラー。みたいな?」

三『キラキラ…』

M「綺麗じゃねー?みたいな?」

三『すごいのでありますな…』

M「記憶なくねー?みたいな?」

三『飲み過ぎ厳禁でありますね…』

深夜に吐瀉物の話で盛り上がってしまったのであります。
リバース。
リデュース。
リユース。
リサイクル。
PDCAサイクル。

んで、また別の日。

数々の面白エピソードを随時持って帰って来てくれる系ばばぁ通称Y。
先日も笑顔で報告しにきてくれたのであります。

Y「今日のお客様にね、凄い事言われたの」

三『何て言われたのでありますか?』

Y「俺のゴールドフィンガーを凌ぐプロマウスだな、って」

三『流石過ぎるのであります…』

お客様のGFを凌ぐPMを持つY。
遠くを見つめて、
徐に「しょうがないじゃない…変態だもの…」
という情緒溢れる名言を残した事もあったのであります。
毎度、お仕事アンドお土産話ありがとうなのであります。
ペコリ45度。
傾き加減。重要。
合掌。


数々のお土産話を持って帰ってきてくれるばばぁ達。
ばばぁ達の話と笑顔を箸休めに、今日も店長に怒られるのであります。
誠心誠意。
征夷大将軍。
本末転倒。
七転八起。



風俗行くなら『最終章』
ばばればだいじ。
これが僕の生きる道。

店長に渡されたお金でほっともっと(川○店)へ買い出し。
毎度お世話になっているほっともっとさんなのであります。
最近は店員さんも顔なじみ。
きっと三平の携帯番号は登録済み…なはず。

最近は常連という枠を超えて、VIP待遇。
V・I・P なのであります。
夢のビップ。
今日も、あの自動ドアを通る。
いつものおばちゃんが元気な声で
『三平様 お見えになりましたー!』
と言ってくれたのであります。
自動ドアの先に、見えないレッドカーペッドが見えた気がしたのであります。
まさにピリオドの向こう。
騎士団。満点大笑。

合掌。

本日の三平は【BIG海苔弁】を食べたのであります。
『コロッケ派?』『白身魚派?』
そんな事をお客様からよく質問されるのであります。
まさに質問攻め。
責め。
Sっ気多いですな。
解答は『交互に』が正解なのであります。
ちな、肉野菜炒めも好きなのであります。
皆さんは何が好きなのでありましょうか。

毎度の前置きが長くなってしまったのであります。
失敬。語弊。五平餅。


今回は、【三平的地雷嬢】と【待機あるある】についてのお話なのであります。

そもそも【地雷とはなんぞや】という方の為に。
スーパー風俗平社員こと、【三平】が熱くご説明するのであります。
最も簡潔に言うのであれば【一緒にいて楽しくない嬢】のことなのであります。
またの名を【接客不良が多い嬢】のことなのであります。
魑魅魍魎。大蛇丸。


風俗店あるある①『爆睡』
ご予約が入った時。
基本的にメールにてお仕事の連絡をばばぁ達にしているのであります。
だがしかしたかし、メールに全く気が付かず。(※携帯の不具合は許すのであります)
すやすやタイムに入っているばばぁ。
これ、よく遅延する原因なのであります。
知らんぷりしてカップ麺をすするばばぁ。
お疲れモードなのは理解。
ハラペコモードなのは理解。
4.2回以上続くばばぁは確信犯。
接客良い天然系ばばぁ・携帯の操作に疎いばばぁもいますが、
お仕事意識低めばばぁも…。
これに関しては【地雷】と断言しにくいのであります。
なので、待機室あるあるとして受け止めてほしいのであります。


風俗店あるある②『他ばばぁの悪口・稼ぎやプレイベート事情を詮索』
他のばばぁの悪口を言い回っていたり、
仲良くなった振りをして他のばばぁの稼ぎ・プライベートを詮索しようとするばばぁ。
ちな、こちら地雷率高め。かなりの。
妬み。辛み。痛み。悲しみ。
こういうばばぁは何処に行っても稼げない。
南無。


風俗店あるある③『事務所偵察系ペラペラばばぁ』
1店舗につき1名はいる。
特に用事がないのに、事務所やスタッフを偵察しに来るばばぁ。
電話の鳴り具合や予約状況をチェック。
ついでにスタッフ間の会話も。
待機室でペラペラと状況報告をするばばぁ。
こういうばばぁは地雷率高いのであります。
注意ッ…。なのであります。
三平も目を光らせるのであります。
写輪眼。白眼。螺旋丸。


待機あるある④『騒音・迷惑臭ばばぁ』
待機室はみんなの共有スペースなのであります。
携帯で音量を上げて動画を見たり、ニオイのきつい食べ物を食べたり…etc
他のばばぁに迷惑をかけるばばぁ。
こういう人の気持ちを考えられないばばぁはきっとお客様の気持ちも考えられない。
そう三平は思うのであります。騒音。so on。


そんな、地雷ばばぁ達。
お客様の元に送り込むわけにはいかないのであります。

幸せなことに、ここ、最終章。
最終章では他のばばぁに迷惑をかけるようなばばぁは少なく、
他店舗からきたばばぁ達には『働きやすい』という声を頂いているのであります。
合縁奇縁。気円斬。
今の職場に悩みがあるばばぁ(女性)が居たら…是非、最終章へ。
女性のミカタ三平が迎えるのであります。

あ、やべ。
宣伝になっちゃったのであります…。

三平はこの世の地雷ばばぁを排除していくのであります。

何故なら。

何故ならッ…。

プライベートで、三平の元に地雷嬢が来てほしくないから…

ではなく、
全てはデリ、風俗を愛するお客様の為…

なのであります。

宇都宮で風俗革命をモットーに。
日々、生きる。
お客様にハートとばばぁをお届け。
毎日がスペシャル。
毎日がばばぁ。
おもしろ満載。笑う門には福なんちゃら。

合掌。




風俗行くなら『最終章』
ばばればだいじ。
これが僕の生きる道。

↑このページのトップヘ