地元スタッフが『インパ!』『インパ!インパ!』と叫ぶのであります。
三平だって、インタ◎パークぐらい知っているのであります。
はじめの頃はインパラ(アメ車)の事かと思っていたのでありますが。
今更皆の衆には打ち明けられず、ブログで晒してやるのであります。
承認欲求のカタマリ。
みんなのご当地アイドル【三平】なのであります。

とりあえずジャブな感じで前置き。

先日、某ショッピングモールでサボってた時のお話。

ショッピングモールは広いのであります。
備品購入と称して、食べ歩きが趣味の三平。
体格ハンデの為、少し歩くと発汗。
発汗作用抜群。
岩塩。
流れ落ちる汗と油が額を濡らす。
煌。
輝。
KIRARI。

そんなわけで、
体が甘い物を欲する為、アイスを買いに行ったのであります。
計画的暴飲暴食。
欲求不満。
甘味万歳。

三平『ミックスが欲しいのであります。』
店員さん『かしこまりました!』

ネームプレートを見ると輝く『新人スタッフ』の6文字。
三平もそんなころがあったでありますなぁ…。
体型は幹部クラスだったのでありますが。

感慨深く見守る中、必死にアイスをまきまきする新人店員さん。

店員さん『お待たせいたしました!』
三平『ありがとうなのであります。』

三平、時が止まる。
ザ・ワールド。
脳が認識をボイコット。
渡された物体の違和感。


上半分チョコ。
下半分バニラ。
半分の概念。


三平、思わず店員さんを二度見するも満面の笑み。
『せめてバニラを上にしてくれれば…。』
それを胸に何も言わずに退散するオトナな三平。
敗走。
現実逃避。

南無。


やべべべb。
前置きが。
前置きがベリーショートロング。
ストロベリー・オンザ・ショーt。

と、言うわけで。
まだ三平が昔、悪徳デリヘルで新入社員だった頃に驚愕した話をしようと思うのであります。


~驚愕ファイル①~
【出社報告が事務所の時計との2ショット写メ】

出社時は事務所に設置されている時計と自撮り。
新入社員だった三平も流石に違和感。
当時の先輩はよく時計の時間を改竄していたのであります。

タイムリープ。
時の魔術師。

南無。


~驚愕ファイル②~
【社用車のヘッドライトが切れてる?いいからとっとと送迎行って来い】

深夜にそんな無慈悲な先輩からの業務命令。
必死に抵抗。

これにはハートフル三平もおこ。
おこおこおこ。
おこ過ぎてローション詰め作業に取り掛かってやったのであります。
その名残が今でも…。

三平、心のスパーク。
サンシャイン。


~驚愕ファイル③~
【女性受付スタッフ 兼 女性キャスト』

女性スタッフがキャストも兼任していたのであります。
そしていつの間にか自分の予約を取り颯爽とお仕事へ。

何も言わずいなくなる女性スタッフ。
そして事務所に取り残される新人三平。

その女性は社長のオンナの為、誰も物申せず。
男性諸君の出世は皆無。

お店が回せずてんやわんやになるまでが確定路線。
ちな、社長から激詰めされるのは三平。

絶望。
恐怖。
万年平社員。

正義って何なのでありますか、神様。

南無。



そんなたくさんの淡い思い出を胸に、
紆余曲折を重ねてたどり着いた『最終章』。

日々必死に生きて賜った称号は
『スピードスター』
『KMS(カオスモード三平)』
この2つ。


これからどんな称号が増えていくのか。
三平のささやかな日々の楽しみなのであります。


さぁ、今日も店長に怒られるのであります。
逃げ時。責め時。

生きるッ…。




風俗行くなら『最終章』
ばばればだいじ。
これが僕の生きる道。