2019年01月

こんばんわ。

賞味期限切れのカップ麺なんて食べない?
カップ麺には賞味期限なんて無いから食えるじゃんと信じているのであります。
どうも、三平であります。

このご時世だから~
とか
こんな時代だから~
とか
こんな世の中だから~…
なんでもかんでも時代のせいにして、
自分の都合の悪い事から逃げている人が多い気がするのであります。

言いたいことも言えないこんな世の中じゃPOISON。
でもさ…世の中、生きてりゃいい事ある。

そんな事を思いつつ、三平は毎日生きているのであります。

つまらない前置き長くて申し訳ございません。

前回のブログで『女性面接編』を書かせていただいたのであります。
この度は『ドライバー面接編』を書きたいのであります。

前回のおさらいでありますが、
現状、オープン近々なのに…
・スタッフ→三平のみ
(しかも三平はペーパードライバーでナビ見て運転できない。基本スーパーマップル読む。)
・ドライバーさん→0人
・クソばばぁ→0人
って状況だったのであります。

クソばばぁ(ばばぁ感少なめ)1名面接&確保後、1本の電話が鳴ったのであります。

男性『あの~…ドライバースタッフは募集してますか?』

ドライバーさんがいないとお店は回らないので、
三平にとっては奇跡的瞬間だったのであります。

知ってますか?

ドライバーさんて、
人数が揃っている時期に限って応募が多くなる→当然お断り。
人数が少ない時期に限って応募が来ない→当然スタッフが出動。事務所内はてんてこまい。

きっと同業者の方は共感していただけるかと思うのであります。

三平はドライバーさんを欲している。
どうせ応募なんて来ないだろう…絶望セレナーデやん…
なんて、三平は思っていたので、嬉しさ倍。少しボ◎キしていたのであります。

応募していただいた男性はその日に面接が可能だったので、
お問い合わせ当日にそのまま面接する流れへ。

50代男性。
しっかりスーツを着て事務所に来られたのであります。

お話伺ってみると、
現在の職場では栃木県の最低◎金を下回る給料しかもらえていない。
残業が当たり前で、もちろん残業代は支給なし。

こんな世の中じゃPOISON。
三平、栃木県で風俗革命起こす宣言したし…。

人柄◎。
生まれも育ちも栃木県で地理詳しい。
協力的。(←ここ大事。公休日は三平さんにお任せしますとの事。)

よくあるKUSOドライバーみたいに
『自分、あんまり走りたくないっすわ~』
とか
『え?ガス代支給ないんすかぁ~?自分、前の店ではあったんで微妙っすねぇ~』
とか
『自分、やる事ないんすけど、◎時には帰りたいっすねぇ~』
とか
『自分、シフトは前日じゃないと分からないんでぇ~』
とか
『え?全額日払いじゃないとやっていけないですわぁ~』
その他もろもろ…
不採用になる発言は一切なかったので、即採用したのであります。

応募していただいた◎◎さんにはしっかり稼いでいただきたい。
一緒に最終章 宇都宮店を繁盛させましょう…と、三平は思ったのであります。

ドライバーさんも確保。
残るは更に女性の確保と風俗サイトの更新であります。

次回こそは『風俗物件契約編』を書きたいと思うのであります。

数時間後には起きなきゃなので、本日は寝るのであります。

しーゆーあげいん。


風俗行くなら『最終章』
ばばればだいじ。
これが僕の生きる道。

おはようございます。

三平です。
最近のあだ名は【さんちゃん】ではなく【豚ちゃん】と呼ばれているのであります。

今回は前回の続編で『風俗物件契約編』を紹介するつもりであったのですが…
次回に持ち越しするのであります。

(三平ファンの)10万名の会員様、大変申し訳ないのであります。
南無。

次回に持越しの理由はですね。
すんごい嬉しい出来事があったからなのであります。

『デリバリーヘルス』
通称『デリヘル』はですね。

簡単に言うなれば、
【スタッフ】【女性】【ドライバー】
この三役が連携して、お店を運営するのでありますよ。

管理職~
とか
マネージャー~
とか
コンサルタント~
とか
そんな人達も必要かもしれませんが、
三平には上手く説明できませんので省略するのであります。

すんごい今更ですが、
宇都宮オープンする準備はなんとかかんとか進めていたのでありますが、
直近までこんな状況↓だったのであります。
・スタッフ→三平のみ
(しかも三平はペーパードライバーでナビ見て運転できない。基本スーパーマップル読む。)
・ドライバーさん→0人
・クソばばぁ→0人

こんな状況だったのであります。
社長、なんも言ってこないから…
三平も知らんぷりしてたんですが、さすがにアカンと思い始めてたのであります。
結局詰められるの三平だし。
失礼。叱られるのは三平でありますし。
お陰様で一蘭のラーメン@替え玉2杯しか食べれない程、胃が痛くなってたのであります。

そんな三平のメンタルがダウンしている時に1通のLINEがぁぁぁっぁっぁぁ!!!!!
はうあぁっぁぁっぁぁl
S__1908744
すんごい丁寧なLINEなのでありますぞ。
すんごい丁寧で気が遣える感MAXなクソばばぁの予感でありますぞぉぉぉ
思わず、スクリーンショット撮影したのであります。
三平、ココロ・カラダ・オドル。

だもんで
↑このLINEの女性、昨日(1/5に)面接してきたのであります。

三平、こう見えて
色々なばばぁを拝見してきたのであります。
正直、今までの経験からの推測で期待は半分だったのであります。
むしろ、『来ないべ』ぐらいに思っていたのであります。

んで、待ち合わせの時間10分前に女性登場。

三平『あ…あのぅ…○○さん…ですかね?』
女性『あ、はい』

ふつーに綺麗じゃねぇか。
普段、ばばぁには真顔で対応の三平でありますが…
きっと顔がニヤケていたと思われたのであります。

宇都宮来て良かったな。
なんて思いながら、面接スタート。

若い時にビニ本にも出た事あるんだとか。
黒髪ロングのワンレン。
真面目でいいヤツ枠。
余計な事を言わないイイ女感。
たまにギャグ言ったら、適度に合わせて笑ってくれる。(ふりかもだけど)

すんごい低姿勢で面接したのであります。
結果、採用。
三平、心の中でガッツポーズ。

源氏名は本人希望で『ゆうさん』にケテーイ。
ちなみに37歳でちょい若めなのであります。
ばばぁ感少ないけど、面接第一号って事で即採用したのであります。
パンチが効いてなくて、なんかすいません…

一部公開するのであります。
僕ばば
HP公開までお楽しみ。

って、面接終了後。
営業電話にお問い合わせがきたのであります。

先行でUPされている風俗サイト見たお客様かと思いきや…

男性『あの~…ドライバースタッフは募集してますか?』
三平『………!!!!!!!』

と、いう状況で
これから男性の面接をするのであります。
THE ノンフィクション。

詳細、乞うご期待くださいませ。

うちの会社でタイミングの悪さ&出世できない男No.1の三平に回ってきた高チャンス。
(同期はみんな管理職なのであります)

一人浮かれて妄想ララバイ。
2019年は悲劇が起きない事を祈ります。

次回は『DR面接編』もしくは『風俗物件契約編』のどちらかであります。


風俗行くなら『最終章』
ばばればだいじ。
これが僕の生きる道。

あけましておめでとうございます。
三平です。
『さんひら』ではありません
『さんぺい』です。

ばばぁ・ばばぁを愛するお客さん、おめでとう。
ばばぁ・ばばぁを愛するお客さん、今年も宜しくお願い致します。

ってことで、ばばおめ。ばばよろ。なのであります。

2019年 三平は挑戦の年なのです。
漢字で表すなら『餃』
餃子が有名な街で風俗革命宣言するのであります。

前置きがすごくつまらないって、社長・店長・スタッフからよく言われます。
なので、本題入るのであります。

新規店オープンに向けて、まずはどこでお店を開けるかが課題なのであります。

今回はオープン日だけが決まっていて、場所が決まっていない。

まさにノリと勢いだけの最終章絶叫計画なのであります。

本日はなぜ宇都宮でオープンさせる事になったのかを語るのであります。

まずは社長といくつか候補エリアを選定…
その後、社長といくつかのエリアを現地視察調査。

勢いで最初に宇都宮行ったのであります。

S__107741193
 ↑最初に視察行った時に撮影したのであります。
 とあるラブホテルがすんごく印象的だったのであります。
 建物の形がイノベーション溢れてたのであります。

その後は○○と○○に行ったのであります。
(場所は非公開にしろって言われたのであります)
↑これに関しては、
現地到着3分後に、社長が『次!次いこ!』って言って即退散。

宇都宮では、ご飯屋さん・電気屋さん・居酒屋さん・キャバクr。
色々回って、現地の人にお話聞かせていただいたのであります。
良い人が多かったのであります。

社長は言ってました。
『ここにしよう!宇都宮にしよう!』

三平は思ったのであります。
『もはや街の雰囲気と直感では…』

三平には断る権限ありません。
こうして新店は宇都宮で確定したのであります。

三平の出稼ぎ先(保証無し)『宇都宮』
確定したのであります。

場所が決まれば、次は事務所借りなきゃなのであります。

あと、三平の新居も探さなきゃなのであります。

次回は物件契約編を書くのであります。

そういえばですが、
最初に宇都宮行った帰りに食べたラーメンが美味しかったのであります。

ここ↓
S__107741194
S__107741195
佐野ラーメン 大和さん

運転したご褒美にお土産用のラーメンを社長に買ってもらったのであります。
感謝。


風俗行くなら『最終章』
ばばればだいじ。
これが僕の生きる道。

↑このページのトップヘ